読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の泡

いろんなものの習慣付けに使うブログ。ブログ名は頻繁に変わります

年越しエンドレスエイトをした。

f:id:yes_ks:20160104014317p:plain

あけましておめでとうございます。

去年は、ひとりでエンドレスエイトを見てる大晦日を過ごしました。

 

エンドレスエイトとは

涼宮ハルヒの憂鬱 第12話〜第19話まで放送された回。
「終わらない夏休み」を表現するために、8話連続でほとんど同じ内容を流すという暴挙にでて、良くも悪くもアニメ史に伝説を残した青春SFアニメ。

 

ゲームプレイ動画をみてる感じ

ようするに7回バッドエンドで、8回目でハッピーエンドになる、という感じなので、カタストロフィーは一応あるけど、コスパはそんなによくない気がする。

 

涼宮ハルヒだからできた贅沢演出

ほとんど同じ内容とはいえ、全フィルム描き直しで、声優を収録し直したから、画が違ったり、ちょっとセリフが違ったりと、全部演出は違う。(けど、言うほど違わない)

どうせなら、ほとんど使い回しで、毎回ちょっとづつ進展させたりすればいいのだけど、全部描き直してるのは、やっぱ涼宮ハルヒという実績があったから、わりと好きなことやれたんだなと思った。


永遠の夏の元ネタってなんなの?

夏がループするアニメといえば「うる星やつらビューティフルドリーマー」。
この映画も原作と雰囲気が全然ちがう作品だったので、当時は賛否両論あったそうだ。
孔子の「胡蝶の夢」をモデルとしてるらしく、一応ループワールドにいるけど、確かに「夢落ち」の要素が強い。

涼宮ハルヒでは第1期で、すでに「ビューティフルドリーマー」のパロディーが作品に入っていたので、一応、制作側も意識くらいはしているのだと思う。


長門有希への偏愛から生まれたエンドレスエイト

エンドレスエイトのヒロインは涼宮ハルヒではなく、綾波レイみたいなキャラ付けされた情報統合思念体長門有希というキャラクターなんだけど、
このキャラクターだけ、地球の生命体ではないので、ループでリセットされていないという設定。

作中では、他のキャラクターはすべて忘れてリセットされてるけど、この子だけ500年以上同じことを繰り返して、それを全部覚えているということになっている。

俺たちは夏休みをずっとリセットしてるから、そんな苦ではないけど、長門有希はずっと繰り返していてつらいから、ループを抜け出してやろうと主人公が動きだすことが一つの見せ場になっている。

実は8回続けたのは、長門有希の気持ちを視聴者にわからすためだとか、そのために長門有希の表情はすごく気を遣ったというスタッフの発言があるそうだ。

つまり、この伝説的な演出は、みんなに長門有希の気持ちをわかってもらおうという意図で生まれたらしい。
長門有希はそりゃ人気のあるキャラクターではあるけど、さすがにちょっと愛が深い。


まどかまぎかはエンドレスエイトの直系

一人だけ報われない時間軸を毎回繰り返しているといえば、まどまぎのほむらがそうだ。
しかも、長門有希と同じ、綾波レイタイプのキャラクター属性を持っているので、この2人のキャラクターはかなりの相似性がある。

大きく違うのは、長門有希は感情をもっていないが、ほむらはヤンデレストーカー気質なくらいの愛を持っているということ。

長門有希のない、愛の部分というのは、スタッフたちがエンドレスエイトという形で長門有希に捧げた偏愛の部分なのではないだろうか、とか思ったりした。

 

新しいことをするのは偉い。

涼宮ハルヒの憂鬱は、テレビ放映時に放送順序をぐちゃぐちゃにして放送したことで有名だ。
わたしも珍しくリアルタイムでみてたのだけど、何も情報を持ってなかったから、すごくおもしろかった記憶がある。

そういう第1期で放送順序の妙で人気をはくしたシリーズが、結果はともかく、第2期でも、ちゃんと新しいことに挑戦して、それを実現したのは素晴らしいことだなと思った。

というわけで、わたしはエンドレスエイトが好きだ。「エンドレスエイト」って響きもすごく美しい。

 

みるなら、12,13,19話だけみればいい

わたしはループする夏休みというテーマが好きなので(そういうテーマの作品を知ってたら教えてください。リトバスひぐらし以外で)、ごちそうでしたが、やっぱり8回は長い。
もし見てみたいという人がいたら、12、13、19話だけみるといいと思う。

そんな感じでした。
今年もよろしくお願いします。