読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

日々の泡

いろんなものの習慣付けに使うブログ。ブログ名は頻繁に変わります

今日みた夢と、ものの価値。

f:id:yes_ks:20151229005357j:plain

今日みた夢

コミケとかデザフェスっぽいイベント会場に遊びに来てる。
一回200円のオカルトモチーフ(宇宙人とかツチノコとか)のキーホルダーのガチャガチャがあって、気になってると、友人に「せっかくだし、やっていきなよ」と勧められ、一回だけやることにする。

いざ店頭にいってみると、わたしのほしいオカルト系のキーホルダーはなくなっていて、
代わりにアメコミ風のモンスターのフィギュアが並んでいた。

フィギュアの大きさは20センチくらいで細部までよく作りこまれている。
普通に買うと8000円くらいしそう。

「もうこれしかないんですよ。良かったら好きなの選んでください。200円で大丈夫です」

200円は圧倒的に安い。しかも、ガチャではなく、好きなものを選んでいい。
わたしが悩んでいると「2個持っていっていいですよ」と言われる。

わたしは「こんなにクオリティーの高いフィギュアが100円!けど、もらってもゴミになるだけだな……」と、もやもやしながら、200円で2つのモンスターのフィギュアを購入する。

という夢をみた。夢としては地味なほうな夢だと思うけど、
わたしの価値観みたいなのがよく象徴されてるので、覚えているうちに書き出してみた。

 

せつな的な無価値なアイテム。手軽なゴミ。手軽な快感

200円で買おうとしたキーホルダーは、すごく簡易的なもので、デザインもそんなに優れてない。
正直、50円の価値があるかないか。
しかし、わたしは宇宙人とかツチノコとかが好きなので、それがほしかった。
買ってもたぶんすぐ捨てちゃうけど、ゲーム感覚でガチャガチャをまわして、楽しみたかった。

 

よくできた高価値なアイテム。抱える負債。重たい呪い。

手に入ったフィギュアは、よくできてるけど、わたしにはまったく無価値なもの。
すごく良くできているけど、部屋においておきたくない。
高価なものなので捨てにくい。人にあげてもいいけど、ほしい人も思いつかない。
転売すればいいかもしれないけど、転売する労力が重たい。

 

200円で重たい負債を手に入れただけ。

夢の中のわたしは結局、200円を払ってほしいものは手に入らず、
逆に負債を手に入れてしまっただけだった。
転売でペイできるかもしれないけど、結局200円払って、転売アルバイト件を買っただけ。

 

意外とすごい技術力を持ったものって求めてない。

フリーコンテンツ時代において「大作」といわれると重たさを感じる。
まあ、「フォールアウト4」とかまでいくと、高技術力コンテンツだけど、そんなものをプレイするのは3年に一回くらい。

 

iphoneとかノートパソコンにお金を使うけど

ハードにお金を使うけど、ソフトウェアにはみんなお金を使いたがらないのではないか。
わたしなんかはとくにそんな気がする。
インターネットの場合はそもそもインターネット回線料として、毎月3000~6000円くらい払ってるので、付き額料金コンテンツなのもある。

 

わたしの上司は重課金。

わたしが尊敬するわたしの上司は重課金。
かつては札束の力で多くのプレイヤーをなぎ倒してきたが、そのコンテンツがサービス終了してすべて消えたときのむなしさ、苦しみを教えてくれた。
それからソシャゲは卒業したとのことだったけど、やはりどこかそういう闇というか素質を垣間見る。
今日は「宝くじを買うことで夢がみれるから、3000円なんて安い。俺はなるべく長く夢をみるために、発売日に宝くじを買っている」と、目を泳がしながら、しかし、力強く語っていた。熱い。

 

技術力のある人はハードを作ったほうがいい。

コンテンツなんて基本的に使い捨て、ハードは使い続ける。だからしっかりしたものを作りたい人ほどハードを作ったほうがいい。

 

なんでこんな夢をみたのか

今日は仕事収めで、大掃除中「いらないなら捨てる」という話だったので、すーぱーそに子のフィギュアをもらってしまった。

朝から「よくできたフィギュアは負債」とかいっておきながら、別にそんなに好きでもないフィギュアを捨てるのはもったいない理由でもらいうける……。

正直、部屋には飾りたくないけど、職場の机に飾っておく分にはかわいいのでいいかもしれないと思った。

f:id:yes_ks:20151228152823j:plain